更年期は体毛が濃くなりやすいのか?   

女性は、更年期に入るとホルモンバランスが崩れて、毛深くなる場合があります。これは、体内の女性ホルモンの量が減って、男性ホルモンの割合が増加したため、体毛が濃くなってくるという原因によるものです。ですので、更年期の症状の緩和だけではなく、こういった現象を防ぐためにも、女性ホルモンに似た成分である大豆イソフラボンなどの摂取は有効です。大豆食品を日常的に食べたり、おから茶を飲んだりするのが良いでしょう。ただし、あまり摂取しすぎても身体に悪い場合がありますので、食生活についても、かかりつけの医師に相談しながら改善していかれると良いでしょう。

体毛が濃くなって処理をしようと思っても、体毛だけではなく、お肌の水分量などにも変化があり、乾燥しているお肌に無理やりカミソリを使用したりしてお肌を痛めてしまう場合があります。カミソリは、毛を剃るだけではなく、お肌の表面の角質まで削り取ってしまうものですので、深刻なダメージの原因となり、また黒ずみの原因ともなってしまいます。ですので、更年期に入ってからのムダ毛の処理には、若いころ以上に気を使われた方が良いでしょう。

なるべくなら、カミソリや毛抜きなどお肌にダメージを与える方法は使わず、専用のクリームや脱毛器などを使うのが理想です。また、エステサロンでフラッシュ脱毛をすると、脱毛するたびに体毛が薄くなっていくのでおすすめです。いっそのこと、永久脱毛してしまうという方もいらっしゃいますが、ムダ毛から解放されることによってきれいになり、更年期でも気分よく過ごせるということで精神的にも良い効果が見られる有効な手段です。


[PR]

# by sume4kd8 | 2015-06-25 15:20